● 日本人は500〜1000ヘルツ前後の音(主に母音)に対しては敏感に反応します。
しかし、英語や欧米音楽には、日本人には認知されにくい2000ヘルツ以上、場合によっては1万ヘルツ以上の音が含まれているので、そのあたりの周波数帯の音に対しては、なかなか敏感に反応ができません。

● 英語には子音の音が多く含まれます。
ところが、日本語では常に子音と母音が対になって、音を構成するので、相対的に母音が多いことになります。そのため、日本人には母音ばかり選んで聞き取る癖があり、子音が聞こえにくいのです。日本人にとって高周波の音は、日常会話において必要とされていない領域なので、そういう音が実際に耳に入ってきても、自覚なく無意識のうちに耳(正確には脳)が勝手に排除してしまっている、ということです。

● だから
「日本人には聞こえない音がある」あるいは、「聴こえているはずなのに、認識できていない音がある」、ということがいえる訳です。
それを認識できるようにするのがマジックリスニングのシステムなのです。